旅と読書が好きで、ベトナムで生活することになった私の日常と、たまに旅日記



プロフィール

seringo

Author:seringo
結婚して夫のベトナム赴任に3年ほど付き合うことになりました。
どうなることやら。

洋書初心者さん向けのカテゴリーを新設しました。
☆1は簡単で短い本
☆2はボリュームはあるけどシンプルな文章構成の本
☆3は1冊以上読破した人の2冊目、3冊目向き



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ネタばれしそうなコメントはこちらからー

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンガポール動物園&ナイトサファリへ!!
従妹家族とは事情があって、一緒には行けないから、一人ででも行くかどうか迷ったんだけど。。
動物園へ、結局一人で行ってきました。
結果! 本当に行ってよかった!

まず動物園まではMRTとバスを使っていったのだけど、分かりにくい上に結構時間がかかりました。
やっぱり素直にタクシーで行けばよかった。。

まず動物園へ。
台北や上野と比べると、そんなに広いわけでもないので、じっくり見て回っても3時間くらいで済んじゃった。
でも、動物との距離がすっごく近くてびっくり。

入園直後に放し飼い(?)のクジャクが散歩してたり。
singapore 588


建物で囲って、動物と同じ空間に入れちゃったり。
singapore 633

これがどのくらい近いかというと、知らない観光客との比較で。。
singapore 631

一応、自分から触らないように注意書きがあるんだけど、背の高い人なんてしゃがまないと尻尾が当たっちゃうくらい近い。

コウモリも同じ展示の仕方だけど、コウモリが怖い人は中に入らないように注意書きが。
入ってみたら、羽を広げたら1Mはあろうがという大きなコウモリが、ジャックフルーツを音を立てて噛み千切っていたり、ほかのジャックフルーツには手のひらより小さいコウモリがジャックフルーツ自体にへばりついて、必死でもぐもぐしていたり。
とにかくものすごい数のコウモリで、そーっと歩かないと飛行中のコウモリにドサッと衝突してしまうくらい。

コウモリはナイトサファリだったかも。
いっぺんに行ったので記憶がごっちゃ。
でもナイトサファリも動物との距離は近い。

一人静かにテンションが上がる(笑)

時間限定で象に乗れちゃったりするんだけど、午後入園でも間に合った!(日によって時間が変わることがあるらしいです)
さっそく見に行く。
先に言うと、アユタヤで見た象乗りは、象の上にベンチがついてて、その上に乗るタイプ。
見るからにぐらぐらだし、なにより象が泣きそうな顔してて、徹底的にガイドにライド拒否したのだけど。

ここの象はシートをかけただけの上に直接乗れる上に!象が楽しそうにしてた。
$8、乗ります!即決。
singapore 645
小雨が降ったりやんだりの、ちょっと肌寒い日だったのだけど、象がほんのり暖かくて感動!
一人客だったので、見知らぬファミリーに混ぜてもらった上に、一番先頭に乗って浮かれた顔で写真を撮られる。
浮かれた気分のままその写真を$20で買い取る。
・・・若干浮かれすぎたか。

その後ナイトサファリが開くまで、お茶飲んだりラクサ食べたりしながらインド人観察に勤しむ。
ZOOの食事処は微妙なことで有名だけど、アーメンというへんてこな名前の麺屋は意外とおいしかった。
特にミルクティ!(なぜ?)

そんなこんなで。。
開園間近のナイトサファリでショーを見る。
singapore 656

いい体したお兄さんたちがボンボン口から火を噴く。
とにかくガソリンを口に入れて火を噴く。
ガソリンを口に入れた状態で!火のついた棒を飲み込む!
そして火柱を噴く。
もう何が何だかわからない。
開園前の時間つぶしじゃなくてもお勧めできるショーでした。

そして動物のほうのショーも。
一人だからちょこっと空いた一番前の席に入れてもらう。
一人っていいわぁ、と浸っていたが、ショーが始まって司会のお姉さんが「韓国からのお客さんはいますかー?」と客に振る。
ぱらぱらと手が挙がって、お姉さんが韓国語で何か言うと、なんだか静かに盛り上がってる。
中国人、マレーシア人ときてインド!となったら客の半数はあろうかというインド人が「うぉおお!!」とウェーブしそうな勢いで返事(笑)
お姉さんの言葉に聞き取れない何かでものすごく盛り上がってる。
その勢いに乗って「Japanese?!」の問いかけに威勢よく手を挙げた私! が、日本人わたしだけだった・・・!
若干気まずく、お姉さんがたどたどしい日本語で「フラッシュはたかないでくださいね」というので、「はい・・」とだけお返事しておいたけど、ものっすごい恥ずかしかった!

動物出てきたらどうでもよくなったんだけど(笑)
ここのショーは動物に負担をかけない形で行われててよかった。
ただ、爬虫類が苦手な人は端っこの上のほうの席に座るのをお勧めします、とだけ書いておきます。
わたしは大好きだからよかったんですが。。。

その後トラムに乗ったり、トレイルを歩いたりして、気付いたら11時!
市の中心街に向かうバスが$5くらいで出てるので、それに乗って帰りました。
帰りは高速を使うバスだったので、あっという間に着いちゃった。
行きはあんなにかかったのに。。。(市バスだったから)
行きは本当にタクシーをお勧めします。
スポンサーサイト

シンガポールへ一人旅
従妹夫婦が赴任しているシンガポールへ一人で1週間行ってきました。
会いに行くのが最大の目的だし、ショッピングの国シンガポールなんて言われると、シンガポール自体にはあんまり興味がわかなくって、ブログに書くこともほとんどないだろうと思ってた。
なのに。
ものっすごく面白かったのです。

久しぶりに会った従妹の赤ちゃんは、もう赤ちゃんじゃなくなってて、英語も日本語もぺらぺら話す。
まだ2歳なのに!
4歳くらいと接してる感覚で話してしまう。。

そんな一日目はオーチャード通りを中心にメインのショッピング通りを歩き、ランチにドライラクサを食べる。
リャンコートに寄って、シンガポールのスーパーの品ぞろえに感嘆して、この日は終了。
2日目はホランドヴィレッジへ。お目当ての店はなくなってて、ものすごくがっかり。
リトルインディアへ移動。ここから従妹と別れてひとりでウロウロ。
インド人、すっごいひとなつっこい。
スパイスを買って、キランキランのサリーを見たところでばてる。
3日目はマーライオンへ。元祖マーライオンのちっちゃさに胸キュン。
アラブストリートまで連れてきてもらったら従妹とお別れ。
この日から2泊ホテルを取ってあるので、このあとはほとんど一人行動。
アラブストリートはビーズや石がすっごくすっごく安くて、大興奮。
人差し指の爪ほどのサイズのピンククオーツ30個ともちょっとだけ小さめのアメジスト40個で合計約600円! 
あれ?シンガポール楽しいかも、と思い始めた感じ。
夕飯は一人でバクテーを隣のおじさんを見よう見まねで食べた。
ホテルはすっごく素敵な作りだけど、トイレの水を流すのも一苦労で後悔。
評判はいいのに、わたしの部屋だけなのかなぁ?

九份へ!
最終日のこの日はバスに乗って九份へ。
みんながどどーっと降りるから、降りる場所が分かりやすくって便利。
ここは雨の町だから、来るときは傘がいるのに忘れてきちゃった。。
案の定降ってる。
仕方なく買った傘が意外と丈夫で使いやすいので、ハノイで持ち歩くのにも活躍。

135.jpg 144.jpg

町並みはとってもクラシックで、でも下町っぽい。
食べ歩きも楽しい街。
ソーセージを買っては食べ(なんだか甘くっておいしい)、不思議なピンク色の肉まんみたいなものを食べ(ぷにぷにしていて、やっぱりおいしい)あっちこっちつまみ食いしながら歩く。
そして目的の茶房でお茶。
100年くらいの歴史のあるお茶屋さん。
アーティストが買い取っただけあって、茶器もちょっと変わっていて、でも使いやすいシンプルなデザイン。
138.jpg 139_20101026164202.jpg
141_20101026164202.jpg
茶器は夫が写り込んじゃって公開できません。。。ごめんなさい。

ここの店員さんが話す日本語はとってもほんわかしていて、聞いてるだけでなごみます。
そして余った茶葉はお土産として持って帰れるくらいの茶葉を置いていてくれて、好きなだけ居てもいいシステム。
すっかりくつろいじゃって、自分の家のように過ごす。
台北からツアーも出ているけど、バスで自分で来たほうが時間の拘束もなくていいかも。
台北にも九份にもとっても癒された旅でした。
人も素敵、猫も素敵、もちろん町並みも。

旧正月のお休みも絶対に台北に来ようね!と夫と話しながら、後ろ髪引かれる想いでハノイに戻ってきました。
ハノイに戻ったら、観光大使のように周りに台北を推薦してしまい、ちょっと面白がられちゃったのでした。

台北の動物園へ!
かなりの規模の台北の動物園、早めのお昼ごはんを済ませて入園。
60元(約180円)の料金に、あんまり期待せずに入る。
日本の動物園見たいに無料の詳しいマップはなし。
おおざっぱに書かれた中国語のマップを頼りに歩く。

園内はものすごーーく広い。
動物も見たことのないものもいっぱい!
そして結構1つの動物につき、大きめの敷地になっていてリラックスしている。
のだけど、この日は炎天下。
広い敷地の木陰を懸命に探す。
どのくらい暑かったかというと。
082 - コピー
このくらい。

107 - コピー
さすがの虎も猫のような面持に。。

しかし、パンダだけは別。
パンダ館のような特別な建物で冷房が効いてて、お土産もパンダ専門の土産物屋という熱の入れよう。
冷房完備のパンダは元気すぎて写真に収めきれませんでした。。
パンダの前で「白黒してるだけで格差が生まれるのか。。」とつぶやく夫。 たしかに。

とにかく広い敷地。
食べ物やも豊富にある。
朝から来ればよかった、とちょっと後悔。
爬虫類館も2階建てで見ごたえ十分。
夜行性の動物の展示もものすごく広い。
しまうまなんて、2種類もいる!(種類があることも知らなかった。。)
アフリカや南米の生き物勢は元気そのもの。
ガゼルも飛び回ってたし、ラクダも元気だし、インパラも駆け回ってた。

5時間歩きとおして(!)2ブロック諦める。。
広すぎる。。。
出口→850Mの文字。。
なんとか園内トロッコの終電に間に合って一息。
よかった、絶対歩きたくなかった。。

足がパンパンなので足裏マッサージへ。
うっとりしながら足の裏を押される。
2か所ほど「イデデデ」となったけど、あとはもう、うっとり。
始まる前に着替えるのだけど、むくんでなかなか脱げなかったジーンズが、終わった後にするっと入ったのには感激。
すっかり足が軽くなって火鍋を食べに行く。
132 - コピー

日本にも支店がある天香回味という火鍋料理屋へ。
あれもこれも頼んだら、すっかり食べきれるか自信をなくしちゃったのだけど、火を通すとたくさん食べれちゃうから不思議。
辛い鍋と辛くない鍋のスープをお椀で混ぜて好きな辛さにして食べたけど、本当はそれぞれで楽しむんだと思う。
たくさん香辛料が入ってるのにクセもなくって、不思議な鍋でした。
この日は落ちるように就寝。

台北の温泉へ
台北4日目は新北投の温泉へ。
温泉博物館があるほどの温泉街。
駅に降り立った時点でどの温泉に行こうかとか目星は全くなし。
なので水着着用の温泉でもいいように水着も着込んで到着。

そしてこの温泉街、結構な山道なのです。
前日のサイクリングの疲れを癒しに来たはずが、まさかのハイキング。。
結局源泉から一番近い温泉へ。
068 - コピーハノイのむしむしを凌ぐほどの源泉地

おばちゃんと大げさな身振り手振りで入浴の説明のコミュニケーション。
私たちの選んだ温泉は家族風呂タイプ。
水着、要らなかった。。。
が、水着のまま入る(笑)
おばちゃんは「こっちがお湯、こっちが水」って、温度調節の仕方を教えてくれたけど、実際にひねってみたらどっちもお湯だった。。。
入ったり上がったりして過ごす。
・・・上がってた時間のほうが長かったかも。

温泉を出て、お昼ごはんを探すけどこの辺は温泉+レストランになっていて、レストランのみの店がなかなか見つからない。
やっと見つけた1軒で、うどんを食べる。
もうちょっとまったりしたいね、ということでガイドブックに載ってたお茶屋へ。
分かりにくくて運転手になんども通り過ぎられた。
073 - コピー
そしてまったりしたあとに外に出たらタクシーがいない。
日差しが痛いほど暑い!
ここ、山の上なのに。。。
しばらくバスが来ないかなー?と待ってみた後、夫と意を決して山を下る。
地図を見て、寺の小道(?)のような階段をずーーーっと降りて行くと下に出られた!
通ってよかったのかしら?たむろしていたおじちゃんたちにジロジロ見られたし。。
地図で見る限り最短ルート、それでも疲れきって足がへとへと。

次の日さらに歩くとはこの時点でつゆ知らず。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。