旅と読書が好きで、ベトナムで生活することになった私の日常と、たまに旅日記



プロフィール

seringo

Author:seringo
結婚して夫のベトナム赴任に3年ほど付き合うことになりました。
どうなることやら。

洋書初心者さん向けのカテゴリーを新設しました。
☆1は簡単で短い本
☆2はボリュームはあるけどシンプルな文章構成の本
☆3は1冊以上読破した人の2冊目、3冊目向き



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ネタばれしそうなコメントはこちらからー

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きらきらひかる
きらきらひかる (新潮文庫) きらきらひかる (新潮文庫)
江國 香織 (1994/05)
新潮社
この商品の詳細を見る


私にとって最初の江國さんの本。
中学校2年の時にそれはそれは魅了されて、擦り切れるほど読みました。
もう暗記しそうなほどに。
あれからもう何度も(冗談ではなく50回以上は読んでます)読むうちに私も成長して、ストーリーに対する感想も変化していったり。
今読んでも不思議な感じの残る本です。

ホモの旦那さんと結婚して、幸せそうな生活に絶妙な満ち足りない気持ちが描かれていて、今なら理解できる気がします。
中学生の時は与えられた生活と変わった女の人というイメージだったのですが。。。
ちなみに、主人公の笑子のように強いお酒をぐびぐび飲める女性になれたらな、と漠然と憧れていましたが。
無事に(?)笑子よりも強いかもしれないくらいにお酒が飲めるようになりました。(アル中ではありません、念のため)
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。