旅と読書が好きで、ベトナムで生活することになった私の日常と、たまに旅日記



プロフィール

seringo

Author:seringo
結婚して夫のベトナム赴任に3年ほど付き合うことになりました。
どうなることやら。

洋書初心者さん向けのカテゴリーを新設しました。
☆1は簡単で短い本
☆2はボリュームはあるけどシンプルな文章構成の本
☆3は1冊以上読破した人の2冊目、3冊目向き



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ネタばれしそうなコメントはこちらからー

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


涙をこらえるとき
あまりにもつまらない話なので、昨日の素晴らしい作品の感想(アルジャーノンに花束を)と一緒に書かないことにしたのですが。
感動作を読んでいたり、あまりにも悲痛なニュースを聞いたりしたとき、一人だと泣けるのですが、社会人たるもの公の場だと泣けない状況は多いですよね。(職場でつらいことがあったりしてもそうだけど)

そういう時は涙をぐぐーっとこらえるのですが、私の場合同時に鼻を押さえます。
なんでか、ぐーっと涙をこらえると、涙とおなじくらいのさらさらの鼻水が(汚くてごめんなさいっ)つつーっと垂れてしまうのです。
大変困るのですが、垂れてしまうよりはましかと、鼻をぐっと押さえることでなんとかしてます。

あまりにもどうでもよい余談ですが、アルジャーノンを読んだ最後5ページが実際にそうなってしまったので、ついでに。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。