旅と読書が好きで、ベトナムで生活することになった私の日常と、たまに旅日記



プロフィール

seringo

Author:seringo
結婚して夫のベトナム赴任に3年ほど付き合うことになりました。
どうなることやら。

洋書初心者さん向けのカテゴリーを新設しました。
☆1は簡単で短い本
☆2はボリュームはあるけどシンプルな文章構成の本
☆3は1冊以上読破した人の2冊目、3冊目向き



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ネタばれしそうなコメントはこちらからー

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パリ、1日目午後
詳しく書きすぎてだんだんタイトルのネタがなくなってきました。。。

さて、スーパーで大興奮したあと、マレ地区のファラフェル屋(ユダヤ料理)へ。
この時点で雨は土砂降り、もう寒い寒い。。。
薄い皮に包まれた、ファストフードみたいなファラフェルを食べる予定だったのに、店内で食べるときはお食事になってしまうルールを知らず、うっかりてんこ盛りの昼食を取ることになる。
自分の顔くらいはありそうなハムが6枚も!しかも分厚い・・・
それに負けず劣らずな量のチーズ。
おいしかったけど、さすがの私でも残してしまいました。
食べ物を残すのは嫌いなので、ちょっと落ち込む。

実は、ここに来るときも道に迷って、時刻はすでに午後4時。
振り返ると、パリにはきっと散歩にいったのね、っていうくらい道に迷った。
足も痛いし、一回ホテルへ戻る。

預かっていた荷物を受け取って、入った部屋は写真に納まりきれないくらい小さい。
その小さな小さな部屋の横にちっちゃーい小部屋が付いている!
椅子とテーブルもあって、なんだかいい感じ。
ホテル滞在中はベッドの上か、この小部屋の中にいることになるのでした。

1時間ほどぼんやり座って、夕飯を買いに行く。
近くのスーパーでお米のサラダとワインを購入。
実は1日目は体調が良くなくて、頭痛薬をガバガバ飲んでいたので、夜8時には就寝。

と、夜の11時ごろに目が覚める。
鼻がむずむずして、鼻をかんだらなんと鼻血!
憧れのパリで鼻にティッシュを詰めることになろうとは。
パリのティッシュ・・・硬い。

つづく。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。