旅と読書が好きで、ベトナムで生活することになった私の日常と、たまに旅日記



プロフィール

seringo

Author:seringo
結婚して夫のベトナム赴任に3年ほど付き合うことになりました。
どうなることやら。

洋書初心者さん向けのカテゴリーを新設しました。
☆1は簡単で短い本
☆2はボリュームはあるけどシンプルな文章構成の本
☆3は1冊以上読破した人の2冊目、3冊目向き



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ネタばれしそうなコメントはこちらからー

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パリ3日目
パリで丸1日過ごせるのはこの日が最後。
朝ごはんを食べながら、忘れてることはないか手帳をチェック。

ひえええ。トロペジェンヌ(タルト)のお店に行くの忘れてた!
この日はメーデーで、スーパーなんかは閉まっているので、ちょっと諦めモード。
最終日の予定は観光地巡り。
とはいっても、本当はそんなに興味はない。
ないけど、まさかパリにただの散歩しに行きました!とは、言いづらい。
ま、外から見て満足しよう!!と、言うことでまずはエッフェル塔へ。
本物のエッフェル塔は思っていたより茶色かった。
さび色、じゃなくて、メタルっていうか、なんていうか。

エッフェル塔のチケット売り場はディズニーランドも真っ青なくらい混んでた。
あの、根元の部分にぐるぐるに人が並んでいて、真下を横切って向こう側の道路へ通過するのも難しいほど。
高所恐怖症だし、下から見物。
外からも見えるエレベーターを見るだけで、なんだかクラクラしてしまう。
ああ、もう満足。

さて、この近くにトロペジェンヌのお店がある。
地図を見ながらウロウロ迷うこと数十分。
開いてました!!
このトロペジェンヌっていうのはふわふわの生地に甘くないカスタードがたっぷり挟まっていて、上にさくさくする砂糖がちりばめられている。
さすがパリ、このカスタードたっぷりのタルトでも、普通に紙袋にぽいっと入れられる。
このお店、英語が通じるんだか通じないんだか、全部フランス語で通されるからめちゃくちゃあせった。

この時点で、フランス語を話す度胸はついてきた。
ついてはきたけど、相変わらず四苦八苦伝えて、伝わると思わず「うんうん」と日本語で返してしまう。。
そこはOui、で通じる最も簡単な返事なのに。。
英語の最中にえーっとねーを挟む職場のおじさんたちを笑えないわ・・・

近くの広場まで歩いて、適当な椅子に腰掛けてトロペジェンヌをほおばる。
不思議な甘さとボリューム感であっというまに完食するも、ぽろぽろこぼしていたらしく、見たことない小さくて緑色でそれぞれの小さな羽根の先が黄色のカラフルな鳥がすぐ足元でついばんでた。
かわいい・・・。
携帯カメラを取り出して果敢に撮影に挑むも、盗撮防止のあのシャッター音に驚いて後ろを向かれてしまう。

さー、お腹いっぱいになったら、次も観光地へ移動!

つづく
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。