旅と読書が好きで、ベトナムで生活することになった私の日常と、たまに旅日記



プロフィール

seringo

Author:seringo
結婚して夫のベトナム赴任に3年ほど付き合うことになりました。
どうなることやら。

洋書初心者さん向けのカテゴリーを新設しました。
☆1は簡単で短い本
☆2はボリュームはあるけどシンプルな文章構成の本
☆3は1冊以上読破した人の2冊目、3冊目向き



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ネタばれしそうなコメントはこちらからー

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モン・サン=ミシェルへ!
いよいよモン・サン=ミシェルへ日帰り旅の日!
朝すごく早い列車でモンパルナス駅からレンヌ駅へ!
モンパルナス駅が目の前のホテルで本当に良かったと思った瞬間でした。
レンヌ駅からバスが出てるはずなんだけど、場所が・・・と思ったのもつかの間。
かなりの人数の日本人旅行者が同じ方向に歩いて行きます。
ついて行ったら大正解!

時間が迫ってたので、チケット売り場のおばちゃんに「モン・サン=ミシェルへのチケット欲しいんですけど!」と大きめの声でやや遠くからフライング(笑)
1日にたしか4本しか走ってないこのバスを逃すと2時間も待ちぼうけ・・・
おばちゃんもその事情を知ってるので、「バスの中で売ってもらえるわよー!!」と叫び返してくれました。
ありがとー!と叫び返し、バスに直行。

かなりの混雑で夫と席が離れてしまった。
1時間ほど走り、モン・サン=ミシェルが見えてくる。
沼地の中に悠然とたたずむモン・サン=ミシェル・・・なのですが、夫がカメラを持っていた&あまりの壮大さに見とれていたため写真はなしです。。
ネットで検索かけてみてください(汗)
到着してしまってから撮った写真たち
790.jpg 799.jpg
791.jpg 830.jpg
途中の道がお土産通りになっていてちょっとビックリしたけど、その商売っ気すら気にならないほど壮大なモン・サン=ミシェル。

またイヤフォンガイドをつけて、なっがーい説明を聞くのは嫌だったので、ツアー客の後ろをついてまわる(笑)
フランス語ツアーが多かったせいか理解力5%・・・。
高い高い場所にある中庭がとても印象に残りました。
とても手入れされていて、緑豊かな庭から少し目を逸らすと四方八方の海が広がっています。
中の見学が終わって外に戻ってくると、モン・サン=ミシェルの中で生活してる人たちが見えて、それはそれで興味深い。
子供たちは学校はどうしてるんだろう?
バスが入口まで来るのかしら?なんて、余計な心配までしてしまったのでした。

お昼御飯は名物のオムレツ!は避けて(笑)生牡蠣とムール貝、それにワイン!
なにげにモン・サン=ミシェルはノルマンディー地方なのでノルマンディーチーズもオーダーしたのに最後まで出てこなかった・・・。
882.jpg 883.jpg

そしてまたバスに揺られ、列車に揺られ帰ったのでした。。。
が、途中思わぬハプニングが。
モンパルナス駅に到着した私たちだったのですが、朝来た入り口とは別の出口に大好きなクッキーが売られているのを発見した私はついついそっちに引き寄せられ、がすがすと買ってご満悦の後、その出口から出たはいいのですが。
今度は牡蠣レストランを発見し、夫に「今日は食べたから明日はここに来ましょう!」と宣言し呆れられる。
そして・・・駅の目の前のホテルをなぜか見失い、1時間以上かかってなんとか到着。
確かに駅の周りをぐるりと周っただけのつもりだったのが、なぜかいつの間にか屋上公園みたいなところに出てしまい、地上に降りれなくなったり。
まあ無事着いたからいいけど。

なんだかご飯の話ばかりで申し訳ないのだけれど、夜ごはんはモンパルナス駅のすぐそばのプチソムリエとういうレストランで食事。
適当に入ったのに、ご飯もおいしいしワインも素晴らしい!
そしてそしてデザートが!!
894.jpg 895.jpg
左が私が頼んだティラミス、右が夫が頼んだタルトタタン(アップルパイ)
ティラミスの大きさ、おわかり頂けますでしょうか。
これが、一口食べた瞬間「一人で食べきれます」と、なぜか夫に宣言(牽制?)してしまったほどおいしかったのでした。
タルトタタンは、この一切れにリンゴが2個は埋まってるんじゃないかというほどのリンゴ密集っぷり。
次の日に夫が「夕飯気が変わったらタルトタタンでもいいよ」って言いだしたほどおいしかったのです。
(お互い牽制しつつも味見はさせてます)

パリの旅もそろそろ終盤。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。