旅と読書が好きで、ベトナムで生活することになった私の日常と、たまに旅日記



プロフィール

seringo

Author:seringo
結婚して夫のベトナム赴任に3年ほど付き合うことになりました。
どうなることやら。

洋書初心者さん向けのカテゴリーを新設しました。
☆1は簡単で短い本
☆2はボリュームはあるけどシンプルな文章構成の本
☆3は1冊以上読破した人の2冊目、3冊目向き



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ネタばれしそうなコメントはこちらからー

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


和菓子のアン
和菓子のアン和菓子のアン
(2010/04/20)
坂木 司

商品詳細を見る


大学にも入らず、高校を卒業してしまった杏子。
食べるのが大好きでデパ地下の和菓子屋で働きだす。
風変りな店長や同僚、そしてお客たちと接しながら和菓子について覚えていく。
その毎日の接客は謎解きに満ちていた。

死体は出てこないけど。
犯人もいないけど。
でもミステリー小説なこの作品。
ホロリとする謎あり、へぇ!と思う謎ありで、謎解きの面白さと並行して和菓子の奥深さまで知ることができます。
デパ地下のお店に対しても、「そうそう!」なんて思っちゃったりして。
私に似た主人公が出てくる(?!)と夫に薦められて読んだのだけど、悔しいけど面白かった!
日本に帰国したらもっと注意深く和菓子屋の商品をみてしまいそう。
ちょうどハノイで知り合った子が和菓子屋の娘なので、薦めてみようと思います。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。